薪風呂釜の組立て方

薪風呂釜の部品

部品一覧


薪風呂釜の組立て方

「ツメ付焚口」からナットをとり
「ツメ」をはずす。
写真のように、「本体」を「焚口」と
「ツメ」ではさみナットで締付ける。
注A
「敷台」を置く。
「敷台」の凸と「切立(キッタテ)」
の凹を合わせて置く。
「切立(キッタテ)」の真中に
「割れアミ」を置く。
「割れアミ」をはさまないようにして、
直接、「切立」の上に「本体」を置く。
「灰出しフタ」を灰出し口に取付ける。 「本体」の上に「天フタ」を置く。 「天フタ」の上に「小(コ)フタ」を置く。
風呂釜本体の「循環パイプ」に「ビニールパイプ」を取付け、浴槽からのパイプにつなぐ。
「ビニールパイプ」の両端は「ホースバンド」で締付ける。
注:風呂釜本体の「循環パイプ」は、浴槽からのパイプより2cmぐらい低い位置にする。
注A 焚口と本体にスキ間ができたとき、銅はやわらかいのでその性質を利用して、
①焚口と本体を合わせます。
②焚口を木づちでたたき合わせます。
③焚口のツメで締め付ける。


注意事項:組立て方・取付け方・施工方法につきましては、メーカーの指示に従ってください。施工につきましては、
専門業者に任せてください。上記の組立て方に従って、問題が生じましても、当社の責任は免責とさせて頂きます。


注意:昔の名残りで、「天フタ」は、パイプの干渉を避けるため、一部分が多少へこんでおります。

戻る